ユーザー事例1 -ロサンゼルスでヘアスタイリストになる!を実現-

コスメトロジーライセンス取得のIさんにインタビュー

個のタレント性を評価するハリウッドではスタイリストへの報酬も極めて高い。ビザ・グリーンカードやコスメトロジーライセンスの取得して、アメリカでその才能を開花しトップスタイリストになろう!

今回のコラムでは、ロサンゼルスに住まいを構えながら、短期間で夢のコスメトロジー・ライセンスを取得したIさんのインタビューをお届けします。

・合格おめでとうございます!テストを受けてみての感想をお願いします。

Iさん:ありがとうございます!!運よく筆記も実技も一発で合格することができました。テストは見たことある問題ばかりで助かりました笑 Beauty Academy LAのテスト対策講習で学んだ事と頂いていた過去問を勉強しました。むしろそれしかやってませんでした。笑

・日本でのサロン経験なしですが、テスト受験対策は?

Iさん:日本の美容学校で学生をやっていて、卒業してすぐこっち(アメリカ)に来たので、日本のサロンでの経験は仰るようになかったですが、Beauty Academyの講座がすごく役に立ちました。

・なぜ日本で美容師の経験を踏まずにアメリカに来られたのですか?

Iさん:小さい頃からずっとアメリカが好きで、洋画もよくみていました。物ごころがついた時にはもう好きでしたね笑
アメリカが好きで住んでみたかったのと、若いうちの方が英語を覚えるのが早いかなと思っていたからです。
 

・ビバリーヒルズの高級サロンの感想は?

Iさん:まずは価格に驚きました!ハイライトやフルカラーだったら平均$600はいくし、日本では考えられませんよね笑

・いつから美容師になりたいと思いましたか?

Iさん:幼稚園の卒業文集には将来美容師になると書いてありました。幼い頃から美容院に行くのがすごく好きだったのと、友達の髪の毛を可愛くしてあげて、喜んでもらえるのが好きでした。それに幼い時両親からの誕生日プレゼントはhair productでした! 

・アメリカに来る際に、言語の問題などの不安はありませんでしたか?

Iさん:筆記はもともとできた方だったので、アメリカに行ったらどうにかなるでしょ!という気持ちで来ました笑 実際に来てみて全然話すことができなくてショックを受けました。
 
でもBeauty Academyさんの講座や、生活に慣れ現地の人と直接話すようになってから英語力は伸びましたね!やっぱり机に向かって勉強するだけだとダメだなと思いました。話して、あの人何言ってるんだろうとか、今の単語どういう意味なのかって思って調べることが大事ですよね。そして自分で調べた単語を使ってみて、あ。通じた!これの繰り返しです。
 

・ロサンゼルスを選んだ理由は?

Iさん:NYも一応視野に入れて考えていたんですが、ロサンゼルスはビーチが近くにあって、暖かい気候がとても気に入りました。あと、いろんなヘアスタイルとかも見てて、LA独特のスタイリングやカラーのスタイルが自分に合っていたからです。

まとめ

Iさん、ありがとうございました!これからの彼女のカラーアシスタントとしての活躍にも期待ですね!

Beauty Academy LAでは、ハリウッド、ビバリーヒルズで活躍する現役セレブスタイリストによる実践教育や、お客様を獲得するためのノウハウの指導を行ったり、トリートメント、スタイリング、カット、カラー、エクステンションなどその道のスペシャリストになるための教育を実施しています。

アメリカでスタイリストになりたい、ネイリストになりたい、エステティシャンになりたい、美容業界で働きたい!という方向けにライセンス取得からトランスファー手続き、更にはアメリカで働けるためのビザサポートなど、トータルで全力サポートします!
お問い合わせにてアメリカでのキャリアをお考えの方やご興味のある方からのご連絡をお待ちしております。

無料相談LINEアカウント:@jp-usa

・日本で美容師免許をお持ちの方⇨詳しくはこちらから詳細をご確認ください。
・アメリカで学生から始めたい方⇨詳しくはこちらから詳細をご確認ください。