セレブスタイリストインタビュー2 〜NEILさん〜

今回は、ビバリーヒルズ/ハリウッドエリアの中でも1位2位を争う超高級サロン「MeĆHE」オーナー/スタイリストのNEILさんにお話しをお伺いしました。顧客の中にはモデルのハイディ・クルムもおり、ほかにも多くのセレブを手がけているセレブスタイリストです。


YUKA(私):
どうしてスタイリストになろうと思ったのでしょうか?
NEILさん(以下敬称略):
最初はファッションに興味を持っていましたが、16歳の時にファッションに関わりながら仕事のできるスタイリストになることを決めました。

YUKA :
どちらの美容学校に行かれたのですか?
NEIL :
僕はイギリス出身なのですが、イギリスでは、スタイリストを目指す場合、美容学校に行くよりアシスタントプログラムに参加するんです。そこで、僕はロンドンにある「ダニエル・ハリソン」という高級ヘアサロンでアプレンティスシッププログラム*1に参加したのです。イギリスでは、どれだけ有名なサロンで働くかが重要で、そのサロンはイギリス王室の対応もしていました。通常は、アシスタントから始めると、3年でフロアに立ち、スタイリストとしてデビューできるのですが、私は16歳からスタートし、19歳の時には「ネベル・ダニエル」というサロンで、ヘアスタイリストとしてデビューしました。そこは、とてもヒップなサロンで、モデルやセレブが来るサロンでしたね。

YUKA :
なぜビバリーヒルズで働きはじめたのですか?
NEIL :
ある女性から、ビバリーヒルズに来た方が良いと勧められたんです。実際にビバリーヒルズに来たら、文化もファッションもとても素晴らしく、一瞬でロサンゼルスに恋に落ちてしまいました。ロサンゼルスのファッションは、ロンドンに比べてもっとカジュアルな感じで、僕にはとてもフィットしていたし、そういうことを含めてロサンゼルスは最高の街だと感じました。とにかく、ロサンゼルスはラフでファッショナブルな雰囲気。かっこいいジーンズとTシャツを着て、髪型もカジュアルでおしゃれだと思いました。

YUKA :
ビバリーヒルズに来て困ったことはありましたか?
NEIL :
どんなキャリアでも、一から始めるのは難しいと思います。ロンドンでは有名だったけどこっちに来たら、僕のことなど誰も知らないし、インスタグラムとかもなかったから、お客様に来てもらうのも難しかったですね。何より僕と一緒に働いてくれるスタイリストを探すのが、最初は一番苦労しました。僕がアメリカに来たのは25歳の時で、仕事のつてがあるわけでもなく、家族や知人もいませんでしたから、とても孤独で大変でした。ただ、僕にはスタイリストとしての自信だけはあったんです。そして、ありがたいことに、アメリカに来てまもなく忙しくなり、時間が経つとともに、自然に人のネットワークが拡がっていったんです。

YUKA :
ヘアスタイリングをしていて何が一番楽しいですか?
NEIL :
女性をキュートにセクシーに、そして笑顔にさせるのが好きです。お客様を本当に満足させることは簡単ではないけれど、その人をよく観察して、その人のことを心から綺麗にしたいと思うと、いろいろ発想が湧いてくるんです。それってスタイリストにとって、重要なことだと思います。人を理解することは、簡単なようで一番難しい。理解しているつもりになっている人が多いですが、それは結果になって現れると思います。どんなに高級なブランドの服を着せても似合わない人には似合いません。顔と髪だけを見ていてもダメなんです。その人のファッション、スタイル、パーソナリティを見極めてから、その人に合うヘアスタイルを決めることができると思うんです。ですから、自分にばかり興味を持っていてはダメ。他人にも自分と同じように興味を持つことが大切です。お客様にどれだけ特別な思いをさせてあげられるかが大事で、そのためにお客様を理解することが重要なのです。

YUKA :
ヘアアーティストとしての哲学は何ですか?
NEIL :
ワンパターンなスタイリストでは成功できません。多才であるべきでしょうね。人それぞれのシェイプを創造し、さらにさまざまなシェイプにアレンジしていくことができるスタイリストが本当に成功すると思います。

YUKA :
カラーリストではなく、なぜヘアカットとスタイリングのアーティストになったのですか?
NEIL :
実はカラーをするのが好きではないんです。カットとスタイリングは料理をすることに似ています。カラーは原料ありきというか、料理で言えばオーブンを使用している感じがします。カットとスタイリングは料理のような遊び心を入れられるけど、オーブンで料理をする場合は、原材料が最も重要になるでしょう。工程で言えば、髪をカラー剤につけて、40分間置いて洗い流して乾かす。一方、料理は手先を使って包丁を操り、味付けをする必要があります。私はカットとスタイリングの方が、創造力や細かいテクニックが必要だと思うので好きです。

YUKA :
MeĆHE Salonはどのようなコンセプトで、どのように成功していったのでしょうか?
NEIL :
僕のパートナーであるトレーシーは、最も成功しているカラーリストの一人で、世界中にその名を知られています。僕は、素晴らしいカラーリストと組んでコンセプチュアルなサロンを創りたかったのです。僕たちは週に5日間必ずサロンに来て仕事をしていました。ただ店に名前をつけて、たまにしか来ないオーナーサロンとは異なり、日々、アーティスティックでスタイリッシュな品質を定着させる努力をしてきたんです。他のスタイリストに僕たちのスタイルを強要したことはありません。でも、特別な才能を持っているスタイリストが集まってきていると思います。ちなみに、カットもカラーも両方するスタイリストはうちにはいません。カットまたはカラーのスペシャリストが集まっています。それは、チームワークがサロンにとって一番重要だと思っているからです。小さなサロンでは全部のことを一人のスタイリストがやることも多いけど、皆独立して、お客様を独り占めします。そうすると、個人だけが活躍しサロンの良さが失われていくと思うんですよね。

YUKA :
顧客にセレブはいらっしゃいますか?どんな方たちがいらっしゃるんでしょうか。
NEIL :
シャーリーズ・セロン、ジェニファー・ロペス、ハイディ・クルム、ジェニファー・ガードナー、キャメロン・ディアスなど、名前を挙げたらキリがないですね。これは、良いサロンの一つの証であると思います。良い技術とサービスがこのような結果につながっているのだと思います。実際、うちのサロンには多くのセレブがいらっしゃいます。あまりこういうことを言うのは好きではないけど、多くのセレブに来店していただくことで、より多くのお客様がいらっしゃってくださっているとも思います。

YUKA :
日本に行ったことはありますか?
NEIL :
行ったことはないけど行ってみたいですね。今日もBBCのニュース番組でやっていたけど、日本には多くの文化があり人気も高いですが、東京と大阪は願ってもなかなか住めない都市のようですね。

YUKA :
オフの日は何をしていますか?
NEIL :
オフの日は何をしていますか?

YUKA :
スタイリストを雇う際は、どういった点を重要視していますか?
NEIL :
そのスタイリストが優しい人間か?そしてホスピタリティがあるかをみますね。その人の心が重要で、プライドばかり高くてはダメです。手を取り合って仕事ができるかが重要事項で、それから技術的な才能をみます。良いエネルギーであることが重要です。

YUKA :
これからセレブスタイリストになる人にメッセージをお願います。
NEIL :
まず第一に、謙虚になりなさい。第二に皆と仲良くすることです。最後に、つらいことがあっても、頭をさげる勇気や我慢もすることが必要です。

[1] アプレンティスシッププログラム
美容学校に行く代わりにサロンでアシスタントをしながら勉強し、美容学校卒業と同じ権利を取得できるプログラムで、アメリカにも同様のプログラムがある。


◆感想
日本では知られていないかもしれませんが、NEILさんはビバリーヒルズやハリウッドの一流スタイリストに聞くと、3本の指に入る超セレブスタイリストです。彼のメッセージに、セレブスタイリストとして重要なポイントに「謙虚」とか「仲良く」というキーワードが出たのには少々驚きでしたが、今まで私が見てきた中でも、人気も単価も高いスタイリストは、皆謙虚でホスピタリティーが高いです。対して、プライドばかり高いスタイリストは、なかなか成功せず、環境やサロンのせいにします。セレブスタイリストになるためには、意外なようですがNEILさんがおっしゃっているようなことが重要だと思います。日本人が本来持っている気持ちを失わないことが、ここロサンゼルスでも重要かもしれません。

◆NEILさんに学ぶセレブスタイリストになるための3つのポイント
・いつも謙虚であること。
・皆と仲良くする。仲間を大切にする。
・頭をさげる。感謝の気持ちを忘れない。

◆NEILさんが勤務している店舗情報
MeĆHEオフィシャルサイト
https://mechesalonla.com

NEILさんに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。
無料相談Lineアカウント:@jp-usaまでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です