ビザは取れる!弁護士選びとスポンサー会社

● どんなビザを取得するか

ビザの話をしましょう。まず結論から言いますと、アメリカでやっていきたい日本のヘアスタイリスト(美容師)、ネイリスト、アイラッシュテクニシャンは、アーティストビザを取るべきです!そしてグリーンカードです!そこに夢と自由があります。

余談ですが、私自身はというと、ビバリーヒルズのサロンを買収し、E2(投資ビザ)でアメリカに来ました(私自身は美容師ではありません)。日本にいる頃は、どの弁護士に相談しても「難しい!」と言われ、諦めかけていましたが、道が拓けたのはロサンゼルスに遊びに来たついでに、エージェントや移民弁護士に相談してからです。日本にいる頃とは全く異なる視界になり、自分のやるべきことが明確になりました。それから3カ月でビザを取得しました。

私見ですが、日本にいる弁護士は、カリフォルニア州やロサンゼルス市の詳細な事情をよく分かっていません。ヒアリングが多く、ソリューションが少ないと思いました。アメリカにいる弁護士は、多種多様で、人の懐を見てお金儲けに走りがちな面も否めないのですが、実力のある素晴らしい方はいます。

今日本にいる方は、まずアメリカに来て、カリフォルニア州、そしてロサンゼルス市を熟知した信頼できる、そしてロサンゼルスで実際に生活している日本人に相談するのが良いと考えます。

冒頭でアーティストビザやグリーンカードに触れましたが、ロサンゼルスに10年以上いるスタイリストの大半が、そのどちらかを持っています。また私自身は実際に投資してE2カンパニーをつくりE2ビザを取得しましたが会社(E2カンパニー)からE2ビザを出してもらっているケースもよく聞きます。本当にその会社とご自身のスタンスが本当に合っていれば、お互いに良いことだと思いますが、月日が経つにつれ、会社とスタイリストで求めていることがくい違ってくることをたくさん見てきました。私はその背景に、カリファルニア州(USA)と日本の環境の違いを感じます。カリフォルニア州の労働法は、他州と比べても労働者寄りで、ましてや日本とは比べものになりません。さらに、スタイリストとなるとフリーランスが非常に多く、日本のようにオーナーが強く、従業員がオーナーの言うことを何でも聞くのはあり得ないのです。この環境の違いが、スタイリストに心の変化を与えるように思えます。特に、ハリウッドやビバリーヒルズなど、多くのセレブが集うエリアではそれが顕著です。ですから、文字通りアーティストのように羽ばたきたい方は、最初からそのための道と、そのためのビザを目指すべきだと思います。

美容関係者であれば、スタイリスト、ネイリスト、アイラッシュテクニシャンはもとより、サロンのオーナーも、我々にご相談いただければ、コストを軽減し成果を上げるご案内ができると思います。

● サロンオーナーなら投資ビザを視野に

私自身、美容サロンオーナーでもあるので、美容サロンオーナーには、ぜひお伝えしたいことがあります。日本で美容室オーナーの方が、こちらロサンゼルスで出店する場合は、オーナー自身はE2(投資ビザ)が良いと思います。また日本では、まだあまり一般的ではありませんが、M&Aでロサンゼルスのサロンを買収するメリットもあります。
特に、ビザやライセンスの取得は圧倒的に早く、リース契約もスムーズです。一からやる方法が多いと思いますが“Time is Money”です。日本の大手上場会社であっても、ビジネス系のライセンスやビザ、リース契約の問題で余計なコストがかかっていることが多々ありあます。2~3年かけて漸くスタート地点に立つのではなく、アメリカ人と同じスタート地点に3カ月で立てるM&Aは、コストを抑えて短時間で目的を達成できます。

美容サロンのM&Aについては、私自身2度経験しており、サポートや助言、エージェントとして代行作業もできますので、ご興味ある場合はお気軽にお声がけください。また雇用するスタイリストは日本人にこだわり過ぎず、継続的な募集と教育によって積極的にアメリカ人を雇用すべきです。我々は、美容サロンオーナー(ヘア、ネイル、マツエク)には、日本人を含めたプロフェショナルなスタイリストをご紹介しております(現在登録者多数)。お気軽にお問い合わせください。

最後に、ビザはE2にしろ、アーティストにしろ、グリーンカードにしろスポンサー会社(務める会社やエージェント会社)が必要です。特にE2は会社とともに歩み、万が一会社を辞める時はビザが無くなるので、慎重に選択する必要があります。移民弁護士もそうですが、会社選びにもアメリカではエージェントが必要だと思います。特に会社との契約はカリフォルニア州法に基づいた契約であることが必要です。日本人スタイリストのプロフェッショナルエージェントである我々は、契約についてもサポートいたします。またビザに関しては、アーティストビザやグリーンカードのサポートをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です