アメリカ美容師免許の書き換えのやり方は?

ライセンス書きかえ

海外で美容師として働きたいけど美容師免許はどうしたらいいか?と悩んだことはありませんか?

アメリカ・カリフォルニア州の場合、日本での履修時間をカリフォルニア州の試験を受ける為の条件の規定に書き換えた後に、実技・筆記両方の試験を受けて合格しなければいけません。つまり、単に日本の美容師免許をアメリカ版に書き換えるということはできません。

この記事では、日本の美容師免許を具体的にどのような方法でアメリカの美容師免許に書き換えることができるかについて解説しています。

アメリカの美容師免許に書き換える為の条件

アメリカの美容師免許

・日本の美容師免許

・美容学校で1,600時間勉強していること(州によって異なる)

上で示す二つの条件をクリアしていれば基本的にアメリカの美容師免許試験を受けるための条件規定を満たすことができます。もし美容学校での履修時間が1,600時間に満たない場合は必要な時間をアメリカの美容学校で補わないといけません。

二年制の美容学校に通っていれば大丈夫

しかし、日本で美容学校が2年制になってからの卒業生であれば大抵の方は1,600時間はクリアしています。万が一時間が足りなくても、美容室での働いた経験がある方はその年数も1,600時間の一部に計算してもらえます。

※注意点

日本でのサロン経験が4-5年ないとアメリカの美容師免許に書き換えることができないというエイジェンシーがありますが、アメリカの多くの州ではそのような規定はありませんので注意が必要です。

美容学校生として始める方

美容学校

日本で美容学校に通っていなかった方、日本の美容学校の履修時間と美容師経験の合計が1,600時間を下回っている方はアメリカの美容学校に通う必要があります。アメリカの学校に通うためにはM1ビザかF1ビザを取得する必要があります。

将来アメリカで働きたい人はF1ビザがおすすめ

アメリカで将来働きたい方は、学生ビザであるF1ビザの習得をおすすめしま(M1ビザは専門学校ビザ)。M1ビザはかなり制約が多く、アメリカで働くという目的を達成することが非常に困難になります。

専門学校向けのM1ビザに対し、語学学校や通常の大学など向けに発行されるF1ビザはビザの制約がそこまで厳しくなくアメリカで働くチャンスがかなり取得しやすい環境になります。基本的に将来アメリカでお仕事することを検討している場合、また英語力に自信がない方はF1ビザの方がオススメです。

F1ビザとM1ビザの詳しい違いについてはこちらの記事を参照ください。

F1ビザは学校選びもかなり豊富になる

美容学校でもF1ビザの取得が可能な学校があること、また自分の語学力に合わせて必要な期間語学学校に通い、それから美容学校に行くという選択肢も選べます。通った学校で1,600時間就学後、コスメトロジーライセンス(アメリカの美容師ライセンス)を取得する為の試験を受けることができます。

美容師免許を書き換えるために必要な書類

美容師免許 書類

・日本の美容師免許
・美容専門学校の卒業証明書
・美容専門学校の成績証明書
・高等学校の卒業証明書

これらの書類を英語版に書き換える必要があります。英語版の書き換えは容易くなく、通常数週間かかるので前もって証明書を集めておくことをおすすめします。

弊社では日本の美容師免許の書き換えを行なっているので、ご気軽にこちらからお問い合わせください。

美容師免許書き換えのプロセス

上に述べた4つの必要書類を監査機関へ提出し、条件を満たしているかの審査を待つことになります。書類に不備がなければ1ヶ月〜2ヶ月くらいで審査が通る傾向にあります。もし書類に不備がある場合、再度書類の提出を求められることがあります

Mビザではライセンスの取得が遅れやすい

審査が通ったらコスメトロジーライセンスの願書を申請できるようになります。このコスメトロジーライセンスを受けるためにはソーシャルセキュリティーナンバーというアメリカの個人ナンバーを取得しなければいけません。Mビザではこの個人ナンバーを専門学校に通っている間に取得することができないので注意が必要です。

申請後、試験を受けられるようになるのは早ければ3ヶ月、遅くても半年位になります。試験日の通知が届くのはだいたい試験日の1ヶ月前くらいです。

アメリカは州によってルールが違うので注意が必要

アメリカ 州

例えば、ニューヨークでは条件をクリアしていれば必要書類を提出するだけで試験を受けずに書き換えが可能です。ハワイや他の州は美容学校の必要履修時間が1,800時間であったり、州によって美容師になれるための条件が異なるので、自分の行きたい州について事前に詳しく調べておくことをおすすめします。

まとめ

条件さえ満たしていれば誰でも美容師免許の書き換えは可能です。しかし、全て英語でのプロセスになるので英語に自信のない方は難しく感じるかもしれません。弊社では最短でアメリカで美容師として働くまでの一貫のサービスを提供しているので、ご気軽にこちらからお問い合わせください。

私たちBeauty Academy LAでは、アメリカで美容師になりたい方に対して総合的なサポートを行っているのでご気軽にお問い合わせください。

無料相談受付中!LineアカウントID:『@jp-usa』まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です