市販のシャンプーは使ってはいけないのか?

市販 シャンプー

美容師をしていると、このような質問はよくあります。もちろんですが、美容師としては「サロンシャンプー」をおすすめしていますが、市販シャンプーにもたくさんの魅力があります。

シャンプーの目的は「頭皮」を洗うこと

美容師 シャンプー 英語

シャンプーは髪の表面の汚れを落とす役割もありますが、本来は「頭皮」を洗うものです。

シャンプーで髪についたホコリやスタイリング剤をしっかり落とすことも大切ですが、髪表面の汚れはお湯を流すだけでも、ある程度は落とすことができます。しかし、汗やフケなどの老廃物が頭皮に残っていると、頭皮が脂っぽくなったり、髪がベタついたり、トラブルの原因になることもあります。

そのため、シャンプー選びをする際は、自分の髪に合ったものを選ぶと言うよりも、自分の頭皮に合ったものを選ぶ方が賢明だとも言えます。そうする事で、頭皮を清潔に保つ事ができ、結果、臭い対策や皮脂対策、その他、薄毛予防効果も得る事が可能になってきます。

知っておきたい洗浄成分「界面活性剤」のこと

「界面活性剤」は、髪や頭皮の汚れを落とすのに必要な洗浄成分です。シャンプーには必ず含まれているのですが、洗浄力が強すぎるものは頭皮にとって良くありません。
界面活性剤にはいくつか種類があります。

できれば避けたい「高級アルコール系(石油系)」

市販シャンプー アルコール

市販されているシャンプーの多くは、「高級アルコール系(石油系)」と呼ばれている界面活性剤が使われています。

・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸など

これらの成分は泡立ちが良いのが特徴ですが、洗浄力が高すぎて髪や頭皮にとっては刺激物のようなもの。シャンプーの成分表にこういった表記がある場合は、できるだけ避けたいところです。とくに、髪や地肌に問題がある人・皮膚が弱い人などは、刺激の強い高級アルコール系のシャンプーは選ばないようにしましょう。

選びたいのは「アミノ酸系」や「タンパク質系」

刺激が少なく髪や頭皮に優しい界面活性剤は「アミノ酸系」や「タンパク質系」と呼ばれる成分です。高級アルコール系と比べると、シャンプーの泡立ちが良くない点もありますが、人間の体と同じ成分でできているので安心して使うことができます。

アミノ酸系はさらに細かく分類され、
・ココイルグルタミン酸Na(グルタミン酸系)
・ラウロイルメチルアラニンNa(アラニン系)
・ラウロイルサルコシンNa(グリシン系)

が代表的な成分です。グリシン系は歯磨きにも使われていて、体内に入っても問題ない優しい成分です。タンパク質系の代表例としては、ココイル加水分解コラーゲンNaなどがあります。

ノンシリコンかシリコン含有タイプか

数年前に登場し、とても人気なのが「ノンシリコンシャンプー」です。シャンプーに含まれるシリコンが良くないという噂からノンシリコンタイプが流行しましたが、シリコンは人体に影響することのない物質です。

医薬品や化粧品にも広く使用されており、決して頭皮や髪に悪い影響を与えるものではありません。 髪の痛みを修復したり艶を与えて、髪をすすぐときの摩擦を抑えてくれる効果もあります。

しかし、 洗い残しがあると悪影響があることもあるため、最初からシリコン自体を含まないシャンプーとして「ノンシリコンシャンプー」が誕生しました。 ノンシリコンで得られるメリットとしては、使い続けることで髪そのもののコンディションがアップすることやベタつきがなくサラッとした質感に仕上がる点です。その一方でパサパサになったり、きしんだりしてしまうこともあります。そのため、洗い上がりに何を求めるかで選ぶのが良いです。

頭皮が弱い人は「オーガニックシャンプー」を試してみよう

市販シャンプー 頭皮が弱い

オーガニックシャンプーや天然保湿成分が含まれているものは、刺激が少なく頭皮にも優しいです。頭皮が弱く、普通のシャンプーでトラブルを起こしたことのある人、また、くせ毛の人は生まれつきキューティクルが痛みやすい傾向にあるので、オーガニックシャンプーのような髪に優しい成分が配合されたものを試してみると良いです。

正しい髪の洗い方

どんなに良いシャンプーを選んでも、ゴシゴシと強く洗いすぎると逆に髪にダメージを与えてしまいます。

・予洗いを徹底する
・髪をこすらない
・頭皮をマッサージするように洗う
・たっぷりのお湯で洗い流す

また、髪の洗いすぎも良くありません。過度なシャンプーは、頭皮を傷つけたり摩擦でキューティクルが剝がれる原因になることもあります。髪を洗うのは原則一日一回にしましょう。夜髪を洗って、朝も髪を洗う方もいると思いますが、その場合、朝はお湯だけで十分です。

芸能人たちの間で最も使用されている超人気のノンシリコンシャンプー

セレブリティー

ボタニストのボタニカルシャンプー&トリートメント

ノンシリコンで髪に優しく、髪が生き返る商品として話題を集めています。ボタニカルシャンプー&トリートメントの特徴は、髪、地肌に優しい天然由来成分90%以上配合しており、お水も天然水を使っています。また、弱酸性の優しいせっけん成分で洗うことで、地肌から潤う仕上がりになります。季節によって香りが違う限定品も発売されています。

男性にも使ってほしい! おすすめシャンプー

市販シャンプー 男性

ハチミツとハーブのシャンプー【HACCI】

はちみつのパワーで、キメ細かな泡が素早く泡立つノンシリコンシャンプー。つきない髪の悩みのために、頭皮の毛穴をキュッとひきしめながら、深く潤わせ、柔らかく整えます。ラベンダーとフレッシュペパーミントの香り。きしまず、なめらかに洗い上げる、男性でも心地よく使えるユニセックスシャンプーなので、彼氏とシェアして使えます。

ジョンマスターオーガニック

NYサロン発、実力派オーガニックケアブランド
「地球に敬意を払うラグジュアリーなビューティーラインを」というコンセプトのもと、1991年にNYで誕生したジョンマスターオーガニック。ブランド創設者のジョン・マスターは、数々のセレブを手掛けた経験を持つトップヘアスタイリスです。

様々な種類のシャンプーがありますが、初めてオーガニックヘアケアを使うという人は「L&Rシャンプー N」がおすすめ。ダメージを補修する加水分解コメタンパクにより、パサパサの髪を指通りの良い髪へと整えます。スッキリとした洗い上がりと、ラベンダーとローズマリーの香りも人気の理由。同ブランドの「C&Nコンディショナー N」と合せて使うのがおすすめです。

頭皮に悩みがある方におすすめしたい「炭酸シャンプー」

頭皮 悩みがある

ふつうのシャンプーに飽きたなぁと感じてる人に是非試してほしいのが、炭酸シャンプーです。

炭酸シャンプーの効果とは?

炭酸シャンプーとは、ネーミング通り、シャンプーに炭酸が加わったものです。密度の高い泡で髪を洗うことで自宅でまるでヘッドスパのような体験をすることができるシャンプーです。炭酸シャンプーは一般的なシャンプーでは入り込むことのできない髪の隙間に超微細な炭酸泡が入り込むことができます。

そして皮脂や過酸化脂質(頭皮の嫌なにおいの元)を落とし、何も付着していない自然な髪の状態に戻すことができます。そのため、頭皮の皮脂を取り除き、ベタつきやにおい、毛穴のつまりによる抜け毛、フケやかゆみなどを改善してくれます。

さらに炭酸の素晴らしい効果として挙げられるのが、頭皮の血行を促進してくれることです。血行が良くなることで毛根まで十分な栄養が行き届き、毛根が強くなり、髪の毛が抜けにくくなるので、抜け毛や髪の毛が弱っている方にも最適です。

炭酸シャンプーをする際の注意点!

炭酸シャンプー 注意点

炭酸シャンプーは洗浄力が強いです。もちろん、頭皮の皮脂やにおいが気になっている場合には使用した方が良いのですが、あまりにも頻繁に炭酸シャンプーをやりすぎてしまうと、かえって頭皮や髪の毛を傷めてしまうことがあります。

炭酸シャンプーの強い脱脂力のために、頭皮に必要な脂まで取り除いてしまい、頭皮が乾燥したり、髪の毛がパサパサになったりしてしまいます。頭皮の乾燥はフケの原因になったり、あまりにも肌に脂がない状態が続くと、それを解消しようとかえって頭皮から過剰な皮脂が出てきてしまう場合もあります。

そのため、1日置きや、3日に1度など、自分の頭皮の状態に合わせて炭酸シャンプーを使用するペースを決め、上手に取り入れていくことが大切です。

Le Mentの炭酸シャンプー

Le Mentの炭酸シャンプーは3日に1回の使用でOK、頻繁にヘア剤を使用する方や汚れが落ちにくい夏の時期のヘアケアにおすすめです。アミノ酸系洗浄成分のなかでも、特に刺激が優しい『ココイルグルタミン酸Na』が配合されており、本来落とす必要のない頭皮の脂分を残してくれます。

また、髪の栄養補給や保護してくれる成分の『アルガニアスピノサ核油』が入っているので、髪のパサつきを解消して、指通りをなめらかにしてくれます。

まとめ

サロンシャンプーに比べたら性能は劣りますが、市販シャンプーの中にもいいのものはあります。市販シャンプーを購入するときは、値段やデザイン、香りだけでなく配合成分にも注目してみましょう。また、シャンプーの特徴を理解し自分の髪に合った製品を探すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です